給湯器の特徴をチェック!ニーズにマッチしたものを選ぶことが大切

記事一覧

お湯が出ない

レディ

原因と修理相場

給湯器はいつでもお湯を使うことができる便利な機械ですが、機械である以上は故障します。給湯器が故障する原因としては寿命・過度な負担・凍結・雨などが考えられます。ガスや灯油といった燃料を燃焼する給湯器は耐用年数が8年から10年と言われています。これは高温になることで部品が劣化するためで使用年数が長く故障が頻発するようになると修理をしてもまた故障する原因にもなります。このような状態では新しい給湯器に交換する方が無難です。過度な負担の場合は使用量に対して十分な給湯量がないケースで、これにより高負担の状態で給湯器を使用するので部品の劣化が早くなり耐用年数よりもはやく故障する原因になります。また凍結の場合には配管を破損させ、雨の場合には給湯器に雨水が入り込み不具合を生じさせます。修理の相場としては、寿命や過度な負担の場合には交換した方が良いと提案されるのが一般的で交換となれば給湯器だけであれば5万円から30万円程度です。なお、部品交換の場合でも5万円程度かかるので小型の給湯器の場合には交換した方が修理するよりもお得なケースがあります。一方で凍結による配管破損や雨の場合にはその症状によって費用が変わってきます。配管でも給湯器外であれば交換するだけで済むので2、3万円程度で済ませることが可能です。しかし、給湯器内で配管が破裂した場合には制御基板が駄目になり、まるごと交換しなければならなず部品代も高いため5万円以上修理費がかかる場合があります。

Copyright© 2018 給湯器の特徴をチェック!ニーズにマッチしたものを選ぶことが大切 All Rights Reserved.